ゼロからはじめるお金のはなし

貯蓄や節約を中心に”お金のキホン”について記録していきます

お金の色分け

銀行で働いていたころ、資産運用初心者の方にお話ししていたことがあります。

それは『お金の色分け』です。

お金は使う目的やタイミングによって色分けすることができます。

資産運用初心者の方には「無理のない金額で資産運用すること」を意識してもらいたいので、ぜひ読んでください。

 

 

 

 

お金の色分け

 

お金は大きく3つに色分けできます。

おおまかには下の円グラフのイメージです。

厳密には、お金を使うタイミングや目的によって分けるので、以前の記事で紹介したライフステージや年齢などによって比率は異なります。

 

f:id:felicidadm:20190406202609p:plain

 

「日常生活で使う」お金(流動性

生活費や不慮の病気・ケガなどに備えるためのお金のことです。

すぐに使えるようにしておく必要があるため、多くの人は「普通預金流動性預金)」にしていると思います。

当然、資産運用向きではありません。

ちなみに、この部分の目安は生活費の3か月程度と言われています。

 

「使う予定がある」お金(安定性)

以前ライフステージの記事に書いていた「ライフイベント」のように、あらかじめ使う予定(目的や時期)が決まっているお金のことです。

結婚資金や子どもの教育資金、住宅購入時の頭金などがこれに該当します。

その時がきたら、必要な金額を用意しなければいけません。

「できれば増やしたいけど、減らしてしまう恐れがあるものにあてるのは怖い」部分になるので、確実性・安定性が高いものが良いと思います。

そのため、私はこの部分については資産運用を積極的にはオススメしません。

まずは「定期預金」「国債」「保険(安定性が高いもの)」などから検討するのが良いかなと思います。

 

「当面は使う予定が無い」お金(収益性)

老後の生活資金や家族に遺すためのお金、生活費にゆとりをもたせたいといったことに該当するお金のことです。

いわゆる「余裕資金」と言われるものです。

当面は使う予定がないため、収益性を考慮に入れて資産運用に挑戦できる部分になります。

 

資産運用は「余裕資金」で行う

ここまで、お金を3つに分ける方法について紹介しました。

私はなんとなくで資産運用をすることをオススメしません

まずは「お金の使い道」を考えてみてください

何も紙に書けとか計算しろとか言いません。

ざっくりと頭の中で色分けしてみてもらうだけでも結構です。

そうすると「これくらいなら資産運用にまわしてもいいかも」と思う金額が思い浮かぶのではないかと思います。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!

この記事を読んで「参考になったよ」という人は応援クリックをお願いします!!

  ↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村